海洋ブロードバンドサービスOceanBBとは

高速・定額制の船舶向けインターネット接続サービスが、シームレスな船陸間ネットワークを実現。

OceanBBは、船上に設置した船舶用衛星通信システムと陸上のビジネス拠点を、通信衛星およびスカパーJSAT横浜衛星管制センター内のHUB局を介して接続するもので、下り(陸→船)回線速度最大2Mbps、上り(船→陸)回線速度最大512kbpsという、従来の船舶通信に比べて遙かに高速な通信速度を実現。 通信料金定額制のサービスとして提供されるため、通信コストの大幅な削減も可能にします。

ネットワーク概要

船舶用衛星通信システム

OceanBBはKuバンド(アップリンク周波数14GHz、ダウンリンク周波数12GHz)を利用するため、船舶に搭載する衛星通信システムには他の船舶通信で利用されている周波数帯に比べ、優れた衛星追尾性能が求められます。さらには、船体の動揺やエンジン・プロペラなどの動作による振動下でも、高精度の衛星追尾の維持や耐久性が必要となります。このため、OceanBBの船舶用衛星通信システムは実績豊富な日本の船舶無線機器メーカー経由で販売しており、安心の保守サポートをご提供します。

通信方式
OceanBBの通信変調方式はGSM携帯電話にも用いられているGMSK(Gaussian filtered Minimum Shift Keying)。アクセス方式にはCDMA技術及び時分割多重を採用し、多くのユーザーを収容できます。 さらに、スペクトラム拡散によって、干渉に強く、小型アンテナでもサービスが利用可能です。

世界の主要海域をカバー 気象情報などへの容易なアクセスが安全な運航を支援

スカパーJSATの通信衛星がカバーするインド洋、アジア、オセアニア海域に加え、海外事業者(米国KVH Industries, Inc.)との提携により、太平洋、大西洋、地中海、カリブ海等の海域でのローミング接続を提供することで、グローバルなサービスエリアを実現。 エリアごとの気象情報や水路情報、寄港地情報など、安全な運航を支援する情報のインターネットからの取得、陸上拠点からの配信も容易です。

このページのトップへ