お客様導入事例

鉄道

通信衛星経由で情報を受信し、自動的に鉄道無線で列車の運転士に知らせ、運転士の判断で列車を制御する仕組みがすでに実現しています。震度5弱以上などの列車制御の基準に従い、受信情報を接点出力に変換するだけで、従来の列車無線への入力が可能。特別なシステムの開発は必要ありません。
鉄道分野では、列車制御に限らず、駅の構内放送やエレベータ制御など、駅の構内設備との連動など、幅広い目的での活用が期待されています。

乗客・乗員の安全確保

緊急無線連絡による列車制御
列車運行制御システムによる自動制御
乗員・乗客への緊急連絡

駅設備など利用者や作業員の安全確保

構内放送による早期避難誘導
駅構内のエレベータ制御
非常照明点灯、避難扉開放、非常用電源起動
作業現場等における安全確保、危険作業の中断

防災対応体制の早期確立、被害拡大の防止

鉄道設備や駅等施設の被害予測
防災担当職員の一斉招集
関係機関への自動通報

このページのトップへ