サービス案内

ご提供情報について

緊急地震速報とは・・・

地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での主要動の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせる情報です。
地震の大きな揺れをあらかじめ知り、列車やエレベーターをすばやく制御させて危険を回避したり、工場、オフィス、家庭などで避難行動をとったりすることで、地震被害の軽減に役立つことが期待されます。

『緊急地震速報』の課題と限界

地震被害の軽減に役立つことが期待される情報ですが、課題や限界もあります。
例えば、情報を発表してから主要動が到達するまでの時間は、長くても十数秒から数十秒と極めて短く、震源に近いところでは情報が間に合わない場合があります。また、ごく短時間のデータだけを使った情報であることから、予測された震度に誤差を伴うなどの限界もあります。緊急地震速報を適切に活用するためには、このような特性や限界を十分に理解する必要があります。
さらに情報伝達の方法によっては、大きな伝送遅延により、情報入手が主要動到達に間に合わなくなったり、地震による被害で余震情報が入手できない可能性もあります。
※『緊急地震速報』のご利用にあたっては、周知の方法など活用方法をよくご検討の上ご利用いただきますようお願い致します。

緊急地震速報の限界
(時間)
・情報を発表してから主要動(大きな揺れ)が到達するまでの時間は長い場合でも十数秒から数十秒
・震源に近い場所では、情報の提供が主要動(大きな揺れ)の到達に間に合わない
(誤報)
・1観測点のデータを使っている段階ではノイズにより情報を発表する可能性がある(事故、落雷、機器の障害)
(地震の規模等の推定の課題)
・特に大規模な地震に対しての推定精度の限界
- 地下の断層の破壊の途中に情報を発表
・複数の地震が時間的・空間的に近接して発生した場合に、別々の地震と認識できず、的確な情報を発表できないことがある
(震度推定の課題)
・震度推計に経験式を用いていることによる精度の限界
・表層の地盤における増幅予測の限界

※気象庁発表資料より

詳しくは気象庁ホームページ『緊急地震速報の内容』などをご覧ください。

高度利用者向け緊急地震速報と一般向け緊急地震速報

平成18年8月1日より提供開始された機器制御など高度な利用を目的とした緊急地震速報を「高度利用者向け緊急地震速報」、平成19年10月1日より提供された一般の皆様への情報提供を目的とした緊急地震速報を「一般向け緊急地震速報」とそれぞれ呼び、その内容や提供条件は区別されています。

  高度利用者向け緊急地震速報 一般向け緊急地震速報
内容 ・地震の発生時刻、地震の発生場所(震源)の推定値
・地震の規模(マグニチュード)の推定値
・最大予測震度が4以下の場合
推定される揺れの大きさの最大(推定最大震度)
・最大予測震度が5弱以上の場合
震度5弱以上と推定される地域の揺れの大きさ(震度)の推定値(予測震度)及びその地域への大きな揺れ(主要動)の到達時刻の推定値(主要動到達予測時刻)
・地震の発生時刻、発生場所(震源)の推定値、地震発生場所の震央地名
・震度4以上が推定される地域名
発表条件 ・いずれかの観測点において、P波またはS波の振幅が100ガル以上となった場合
・マグニチュードが3.5以上、または最大予測震度が3以上と推測された場合
・地震波が2点以上の地震観測点で観測され、最大震度が5弱以上と推定された場合
更新条件 ・震源、マグニチュード、最大予測震度が変更された場合
・解析手法が変更された場合
・定時的な発信の場合
・最終報
・震度3以下と推定されていた地域が震度5弱以上と推定された場合
キャンセル報 あり あり
ピンポイント予測 可(※) 不可

※気象庁は、高度利用者向け緊急地震速報を利用して不特定多数へ通知を行うことについて次のように要請をしています。ホームページをご覧いただくか気象庁へお問い合わせなどいただき、システムの構築をご検討ください。
「高度利用者向け緊急地震速報」を用いた情報の伝達に際しては、個別契約等を通じて事前に利用者が高度利用者向け緊急地震速報の特性や限界等を十分理解している場合以外は、提供に伴う混乱の防止のため、その情報については「一般向け緊急地震速報」の内容の範囲内で伝達していただくことが望ましいと考えていますのでご理解とご協力をお願いします。(気象庁ホームページより引用)

詳しくは気象庁ホームページ『高度利用者向け緊急地震速報の伝達に係るお願い(気象庁)』をご覧ください。

津波予報・津波情報について

地震発生後、津波の発生が予想される場合、気象庁より順次、津波予報・津波情報が発表されます。(以下、気象庁のHPより引用)

(1)予報・情報の種類

予報・情報の種類 内容
津波予報 津波の発生のおそれがある場合に、地震が発生してから約3分を目標に津波警報(大津波、津波)または津波注意報(津波注意)を 発表<⇒下表(2)>
津波到達予想時刻・予想される津波の高さに関する情報 各津波予報区の津波の到達予想時刻や予想される津波の高さをメートル単位で発表
各地の満潮時刻・津波の到達予想時刻に関する情報 主な地点の満潮時刻・津波の到達予想時刻を発表
津波観測に関する情報 実際に津波を観測した場合に、その時刻や高さを発表

(2)津波予報の種類

予報の種類 解説 発表される津波の高さ
津波警報 大津波 高いところで3m程度以上の津波が予想されますので、厳重に警戒してください。 3m、4m、6m、8m、10m以上
津波 高いところで2m程度の津波が予想されますので、警戒してください。 1m、2m
津波注意報 津波注意 高いところで0.5m程度の津波が予想されますので、注意してください。 0.5m

詳しくは気象庁ホームページ『津波警報・注意報、津波情報について』を参照ください。

このページのトップへ