POINT01 安心を!

防災情報は、情報をいざという時でも安心して伝えることが最も重要なポイントです。

SafetyBirdが利用している衛星通信には災害に対して非常に強いという特長があり、被災場所近辺であっても情報を受け取ることができます。通信回線の混雑や発信制限などにより情報が受信できなくなることもありません。もちろん、サービス提供向けの設備は、情報入手の地上回線を含めてすべて二重化されており、障害への対策も十分に検討されています。
また、配信センターはISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)に準拠し、通信回線も暗号化されて他者からの情報の混入を防ぐなど、通信事業者として長い間に培われたノウハウを活かし、セキュリティへの配慮も万全です。