ご利用用途

TimeShowerご利用用途

タイムスタンプは、e-文書法によって定められた電子文書だけでなく、電子契約書、診断の真正性確保が必須な電子カルテ、官公庁への電子入札や電子申請における活用など、さまざまな分野で導入が拡大。電子公告制度導入を目指した商法の一部改正、先使用権対策としてタイムスタンプを有効手段とする特許庁のガイドライン発表などの公的な環境整備も進んだことで、今後多くの分野で活用が進むことが期待されています。

e-文書法による法律規定「文書:251本」 -タイムスタンプ利用+電子署名が必須事項

e-文書法による法律規定「文書:251本」 -タイムスタンプ利用+電子署名が必須事項のイメージ画像

このページのトップへ