システム紹介

VSATシステム構成

VSAT

ExBirdで使用する機器は衛星通信用の無線通信機器で、超小型地球局(VSAT局:VERY SMALL APERTURE TERMINAL)に分類されるものです。VSAT局は、HUB局と呼ばれる親局の監視制御装置により、遠隔で集中制御・監視されておりますので、無線従事者を配置する必要はございません。

VSAT局はアンテナ、ODU、IDUのユニットにより構成されます。ODUは、アンテナ前面に取り付けられ、ODUとIDUとは2本の同軸ケーブルで接続されます。


アンテナ 標準サイズ:50センチ相当(※)
ODU
(Out Door Unit)
屋外装置、送信用増幅器及び受信用低雑音増幅器
IDU
(In Door Unit)

屋内装置 

重量:約600g
外見寸法:幅21×高さ4×奥行19センチ(コネクタ部含む)
消費電力:50W

※ 一部地域(北海道・沖縄・離島地域)は、標準タイプ以外のアンテナが必要となる場合がございます。

推奨アンテナ径はこちら

このページのトップへ